あ〜ん!?


 
あのときの一瞬の春の居所は
早くも冬に奪い返されて
手元にはその痕跡すら残らず
ずっと心待ちにしていたその春は
春にふと帰って来た冬
雪をその手土産に
賑わいかけた地面は
春の先触れを見捨て
天を睨みまた凍てつく
 
 
雲達は
春めく空を覆い
いつの間にか
肩を寄せ合い一つになって
天を埋め尽くす
住み慣れた場所が良いのか冬よ
呼び止められたか何者かに
逃げ場を失う前に去るが善と
とりあえず今は言っておこう
動き続ける時を止めるのは
儚い夢に過ぎぬと
とりあえず今は
 
 
春にふと帰って来た冬
雪をその手土産に
逃げ場を失った世界は
春をただ夢見るばかりと
遠い春はまだ夢の遙か彼方
ただその時を待ち
沈黒の時の流れの中
空となった瓶を掲げ透かし見る
 
 
瑠璃色瓶の向こうに見える空は
図らずも春の空
乱反射する閉じ込められた春の光に
苦笑いしつつ
継ぎ足す水も既に無く
繰り返し浮かび沈むそのことは
春の夢はただいつもの如く浅く重く
繰り返しての浮かび沈む言葉はひとつ
つまることはつまりつまってただ残念


 
 



 
 
 
gosadon's tweetsCopyright ©2010 gosadon All rights reserved

『 …driftwood 』
『 hobo jungle 』『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©2001-2017 gosadon All rights reserved