梅雨のまさか


 
音を立てて
降る雨が
休んだその隙に
 
絶え間なく
空を覆い尽くす
雲達が手を抜いた
その今に
 
歌うか
叫ぶか
あの空に向け
 
 
音を立てて
降る雨が
休んだその隙に
 
絶え間なく
空を覆い尽くす
雲達が手を抜いた
その今に
 
手をさらすか
手の内を干すか
あの空に向け
 
あの空に向け
あの空に
あの
あの
あのぉ〜
 
 
あらっ
どうしたんだろ
後が続かないぞぉ〜
まっ
いつものことだけど
とりあえず
気を取り直しての
再挑戦と


 
夏至の下
長い昼を
短い夜を
味わい眺め
独り浮かれて
いつものように
 
だから今は
だから今日は
 
この長い日を祝って
この長い日に感謝して
 
日を浴びて
影を
影を
影だってぇ〜!?
・・・あらら?
またしても
後が。。。
 
だいたいさぁ〜
光は半分
雨は倍
そんなノリでの
今年の梅雨が
いきなり
灼熱焦熱世界と化したんだから
もうもうもう
むふふふふ
でへへへへ
そりゃ
笑うしか
 
ねぇ〜


・・・と言って
このままうち捨てる訳にも
いかないしなぁ〜
 
 
でも
でも
それにしても
あつい
あつすぎる
触れる物すべてが
熱く温かく生温く
例えば空気
水は当然のこと
金物は言わずもがなの
プラスチックに布の類まで
なかでも
どうしても
つい触れてしまう
自分の身体さえ
触れる物すべてが


いやいやいや
これはさすがに
違いすぎるな
 
 
う〜む
それならそれで
こんなのはどうだろ?
思い付く二三の事柄を
とりあえずは
頭の中で転がしてみて・・・
 
それが
それで
転がっていく時は
問題はないけれど
 
どこをどうつついても
どこを押しても
微動だにしない時が
ままあって
まっ、
そんな時は
そんな時か


うわぁ〜
傷口塩どっさりだよぉ〜
 
 
それならこれは?
今回予定していた
梅雨の詩は
気温が体温を超えたため
続きを書けなくなりました


まっ
やっぱりこれが
真実に一番
近いかな?
 
 
あっ
あああっ!!

ふと思い付いたけど
これは
こんなのは
 

いやいやいや
それよりは
こっちのほうが
こっちのほうこそ
 
 
まって
まって
だから今は・・・
 


 
 



 
 
 
gosadon's tweetsCopyright ©2011 gosadon All rights reserved

『 …driftwood 』
『 hobo jungle 』『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©2001-2017 gosadon All rights reserved