『 ふと絶えたその春の雨音に 』


 
 

 

ぼう と踊れ時を憶えぬ春の雨

 

 

降る雨の
音のみの
また止まず
ふと春を知る

 
 
 

春の夜に舞う一握りほどの雨粒の崩れ解けるを
また
素知らぬ顔で知らぬ顔で

 
 
 

春に生きる冬のやけにのびのびと

 
 
 

 
 
 

夜にただ舞う雨粒に
誘われ踊る花の欠片の
春一握り

 

 

こんな寒い真春の日
こんな暑い真春の日
降る雨のその音のみがまだ止まず
降る雨のその音のみのまた止まず

 
 
 

風だけが知る
ただ今のみの
この空の軟らかさ

 
 
 

陽光の今ひとつほど足りなくて
夜に聞くかの春雨音すら懐かしく

 
 
 

 
 
 

夜を越え朝を乗り切り
ふと耳にする自分の声の
この毬 いが に諭されて

 
 
 

ヤゴひとつ
揺られて眠る
蜘蛛の廃屋


 
 

 
 
 
gosadon's tweetsCopyright ©2007 gosadon All rights reserved

『 rags & bones 』
『 hobo jungle 』『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©2001-2017 gosadon All rights reserved