『 春の凱歌 がいか

- 名の無い春の十の連作 -






またひとつ
冬を捨て
今はただ






北を指す
この風達は
ただ躓 つまづ
 
北を指す
この風達は
いつも躓き
 
知れずに
またも南を指して
 
ただ
この風達は
いつも
知れずに
明日を指して






冬鳥が
羽根を広げ
浴びる陽に






風よ踊れ
早く
北を目指し
 
風よ舞え
速く
北めがけ
 
風よ歌え
早く北へ
速く北へ
その声を










風の欠片 カケラ
ふと
枝に止まり






一夜 ひとよ の桜の花びらの
月下に集い舞い踊る
 
一夜の桜
月に舞う
 
一夜の桜
風に揺れ
 
一夜の桜
雨に揺れ
 
一夜の桜の花びらの
下に集う名残の空き缶
ただ風に揺れ






ツクシの森が描く文字






そうだ
あの花びらのように
光を捕らえ
飛んでみようか
 
風の背に乗り
街を縫い
風を乗り換え
時を縫い
 
春を高く
春を遠く
今の空へと










靴の紐も春に浮かれて






風よ風
もし叶うなら
その
鼻先の
花びらの
ひとつほど
 
あの青空に沈む
糸の月まで
届けておくれ
 
そうあの雲の先の
糸月まで
 
ほんのひとつの言葉を載せて








gosadon's tweetsCopyright ©2010 gosadon All rights reserved

『 rags & bones 』
『 hobo jungle 』『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©2001-2017 gosadon All rights reserved