春の戯れ歌


 
 

 

「薄氷」

漂い蕩 とろ
また流されて
丸くなり候 そろ
春間近
 

 

 

「春一番」

また忘れずに
この風は来て
また去る先も
同じ場所
 

 
 
 

「寒桜」

なにを今にと
咲くというのか
季節の別れ
目の前に
 

 
 
 

「なごり」

菜種梅雨さえ
戸惑い雪に
触れる御身の
冷たきに
 

 
 
 

 
 
 

「イヌフグリ」

偽の涙と
気付かれようが
地に舞い降りて
青と咲く
 

 
 
 

「春分」

分かれの春の
その片割れは
どこに花咲く
朧月
 

 
 
 

「春雷」

春に響いて
雷ひとつ
落ち行く先も
もや の内
 

 
 
 

「北帰行」

夜を仰ぎ見て
泣いて旅立つ
雁の一声
息白く
 

 
 
 

「サンシュユ」

枯れ枝に花
弾け開けど
待つ青い空
雲の上
 

 
 
 

「燕」

春に恋われて
舞を尽くせど
燕の戻る
家失せて
 

 

 
 
 

 
 
 
gosadon's tweetsCopyright ©2005 gosadon All rights reserved

『 rags & bones 』
『 hobo jungle 』『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©2001-2017 gosadon All rights reserved