立秋辺り


 
 

 

鬼燈 ほおずき 色の夕日
斜めより
果汁を垂らし
間近を弾き
彼方を呼ぶ
 

 

 

風のみ強く
風のみ元気で
風のみ浮かれて
 

 
 
 

このくらいの薄さの青が好きと言って
舞う蜻蛉
 

 
 
 

まるで油紙のような
セミの羽が一枚
秋風と共に
空から降りてきて
 

 
 
 

 
 
 

雲は消え
月は糸
空の下
 

 

 

昼の熱は
依然この身に宿り
焦がして止まず
欲する明日は
まだ遠く
 

 
 
 

秋風に
一人で喚 わめ
風鈴の夜明け
 

 
 
 

ひぐらしは
初めての夜を迎え
力なく
 

 
 
 

 
 
 

西方 にしかた
向日葵の夢
傾いて
 

 
 
 

太陽は高くぼやけた空の果て
 


 
 

 
 
 
gosadon's tweetsCopyright ©2005 gosadon All rights reserved

『 rags & bones 』
『 hobo jungle 』『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©2001-2017 gosadon All rights reserved