ウォーレスの海の家

− そういや、今日は・・・・・・ −



「どこぞの誰ぞは、春のお話を、書いてるみたいじゃぞ」
「確か最近、新しいのUPしたばかりじゃなかったっけ。いろいろと事情があるんだろ」
「事情じゃなくて、理由じゃろ。例えばつまらないとか、おもしろくないとかな」
「春のお話は、あのコーナーに一番最初に出てくる話だからな」
「見栄えを良くしたいというわけじゃな。でも、無理して春から始めること無かろうに」
「今は、春だからな」
「じゃあ、夏になればあの子猫が一番上に来るのか」
「新しいのが出来なければね」
「そうやって時は巡って行くんかいのう」
「その 春の話、できあがればいいな」
「やっこさんの事じゃ、期待せんほうが良いじゃろうて」
「あんたも、そう思うかね」

 
「そういや、今日は春分だとさ」
「明るい内から飲んでるヤツには、昼夜の長さなど関係ないだろ」
「それが、大違いさね。よし、記念に新しいボトルをあけるか」
「なんと珍しい事も。まさに春の椿事だね。
で、どこが違うんだい。いや、やめておこう」
「知りたくないのか」
「遠慮しとくよ。あんたの話聞いてると、こっちまでおかしくなってくるからな」
「ホントに、いいのか」
「気が付いたんだよ」
「何をじゃ」
「あんたのバカ話を止めさせるには、一杯、奢 おご るしかないことにね」
「確かに、おまえさんは驕 おご ってるな」
「おい、おい。字が間違ってるよ」
「わしの字が違ってるじゃと。わしゃ、また違ってるのは、おまえさんのき・・・」
「それ以上続けるな、漢字変換するなよ。
いいか、オレは、まだここで平和に過ごしたいんだからな」
「なんじゃと、ここじゃ、『記憶違いじゃないのか』と言うのが、
そんなにまずい事なのか」
 
「どうした、小刻みに震えておるぞ」
「いろいろと、よくしてやってるのに。そんな言われようじゃ、怒りたくもなるさ」
「なんじゃ、瘧 おこり か。瘧落としにはアルコールが一番・・・」
「だから、また字が違ってるって」
「んっ、何か言うたかいの」
「前にもこんな事が、あったような気がしたんだよ」
「そんときは、次に何が起こったんじゃ」
「おっ、そりゃ,わしのボトルじゃぞ。しかも、一気に」
「まっ、しかたあるまい。そのわしのだった酒は、
わしからの奢りということにしようかいの。
いや、まてよ。わしは飲んでないんだから、ボトルをキャンセルすればいいのか。
「綿々 めんめん を絶たずんば蔓々 まんまん を若何 いかん せん、と言うからの」
 



20,Mar,2000


 

ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2018 gosadon All rights reserved