ウォーレスの海の家

− 早いもので・・・・・・ −



「なんか、今日は落ち着かんの。なんぞでもあったのか」
「開設記念日だとさ」
「開設記念日じゃと。一体何の」
「何のって、ココのに決まってるじゃないか」
「ココって、海の家がか」
「海の家も、酒場も、何なにもかもがさ」
「何もかもじゃと、すると何じゃな、宇宙も今年で1歳ってことかの」
「『 遮莫 〜さばれ〜 』がだよ」
 
「それなら、何かせにゃならんの」
「なぜ、じいさんが」
「なぜって、ココを創ってんのはワシ等じゃからな」
「だから、あんたと一緒にしないでくれって。だいたい、
あんたは何時も酔っぱらって勝手なこと言ってるだけじゃないか」
「そんなことないぞ、
ワシが『垂拱譚』や『風鏡譚』で見せた名演技、知らんとは言わせんぞ」
「沈まない太陽や、石ころや、書き割りのたぐいに演技力は関係ないだろ」
「おまえさん、裏方を馬鹿にしとるな」
「裏方ってのは、ココを創ってる連中のことさ」
「それって、ワシ等の事じゃないのか」
「ココを創ってんのは、『さばれ』と『ごさどん』だよ」
「そんなヤツ知らんぞ」
「あんた、『遮莫の口上書き』読んだこと無いな」
「わしゃ、宣伝文句のたぐいは読まん事にしとるんじゃ。
ひどい目に遭いそうな気がしての」
「ひどい目に遭いそうじゃなくて、ひどい事言いそうになるだろ。
第一、口上書きには事実関係しか書いてないよ」
「なんじゃ、最近じゃハッタリを事実関係と言うんか」
「なんだ、読んだことあるんじゃないか」
「たまたま、活躍の場を求めて立ち寄っただけじゃよ」
「さもあらばあれだな」
「おぅ、遮莫じゃ」
 
「しかし、何でこんなめでたい日に、あんたと二人っきりで・・・・・・」
「おおかたアレじゃな、突然一周年じゃと思い立ったのはいいが、
ネタと時間が無くてこれでごまかそうって魂胆さね」
「だいたい『遮莫』自体がそうじゃったな。
たしか、突然思い立って構想一日、
作成一日半で立ち上げたお気軽サイトじゃったな」
「始まった頃は、『さくらうた』、『酒場』と、『海の家』か」
「少しは賑やかになったんじゃないかの」
「ココは相変わらず、閑古鳥さえ寄り付かんがの」
 
「そんな事言ってると飲み代もらうぞ」
「なんじゃ、今日はおまえさんのオゴリだったのか」
「一周年記念だからな」
「ってことは、ココも一周年てことか」
「だからさっきから、言ってるだろ」
「なるほどな、四ヶ月ほど店じまいしてても、一周年には違いないってことかの」
「誰のせいで、四ヶ月休業したと思ってるんだ」
「そりゃ、あれじゃろ、ココの作者であるところの『さばれ』のせいじゃろ」
「あぁあ、なんだかまたココを閉めたくなってきたよ」
「なんじゃと、そりゃ大変じゃ、でもその前にもう一杯頼むぞ。
ああ、ついでにグラスも替えとくれ」
「グラス?」
「このグラス底が抜けてるみたいじゃからの。
いくら注いでもすぐ、カラになっちまうんじゃよ」


9,Aug,2000


 
 

ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2018 gosadon All rights reserved