ウォーレスの海の家

− 感謝とお礼の乾杯を −



「まっ、いろいろな説があるが、とりあえずは20世紀も今日で終わりというコトじゃな」
「おいおい、入ってくるなり終わりの話か」
「すると、なんじゃ。来世紀への序章とでも・・・
それじゃ、チト今世紀最後の一日に対して失礼じゃないかの」
「そう言う意味じゃないんだがね」
 
「いろいろあったな今世紀も」
「いろいろありすぎてな、整理が追いつかん」
「無の山は、どう片付けても無の山さ」
「無の山じゃと。ココも、酒場も、ワシがいる限り無ってコトは無かろうて」
「ウチのコトじゃないよ、あんたのコトさ」
「なんじゃと、ワシが無の山だっていうのか。
なんか最近動くたびに何か崩れていく気がしたが。
ありゃワシじゃなくって、無だったのか。
でもな、無が崩れても何も変わらない気がするがの」
「それにしても、何であんたがウチに巣くうようになっちまったんだ」
「いずれにしてもじゃ、今世紀最後の一日を、
ノスタルジーなんぞに振り回されることなく笑って過ごそうと思ってな」
 
「フト思ったんだがの。おまえさんココの入り口付近に、
ちっぽけなブラックホールでも隠してるんじゃないか」
「ブラックホールか」
「何処にいてもココに吸い寄せられる気がしての」
「そうかもしれないな、それでウチに来ようとする客は、みんなそこに吸い込まれて、
ウチまで辿り着けないのかもしれないな」
「そいつぁ、考え過ぎってもんさね」
「あんた自体がブラックホールなんじゃないのか」
「ふぉっふぉっ、試しにタダ酒でも吸い込ませてみるか」
「ほらよ」
「おい、どうしたんじゃ、ヤケに気前がイイのう、
コレも世紀末現象ってヤツかの」
「考え方を改めたのさ」
「世紀末にゃぁ、誰もが悔い改めたがるモンさね。
このワシにしてから、危ういところで悔い改めそうになったもんさ」
 
「タダ酒飲まれてると思うから、頭に来るんだよ。
喜捨だと思えば、善行した気分になるさ」
「するってえと、わしは神さんか」
「あんたを神様なんかにしたら、貧乏神やら疫病神から抗議が来るよ。
それに喜捨は恵まれないヒトにするモンだよ」
「わしは、飲めさえすれば文句は言わんよ」
「お礼も言わないしな」
「おおそうじゃ、悪いコトしたな。礼を言うのを忘れとったの。
では、二人で始めるか」
「二人で始めるって」
「さあ、グラスを持て、まずは1901年あたりから始めるとするか」
「1901年あたりって」
「ほい、それじゃ行くぞ」
「1901年に、感謝とお礼の乾杯じゃ」
「あんた、まさか100年分、100回乾杯繰り返す気じゃ・・・」
「100回乾杯を繰り返す気かじゃと、とんでもない」
「それは、よかった。どうやら気ばっかり急いてね」
「年の瀬でもあるからな仕方ないじゃろ、まっ、それはそれでな。
おまえさん、来世紀を感謝の気持ちを持って迎えるの忘れてるぞ。
「100年プラス100年分じゃ、早く始めんと終わる前に来年が来ちまうぞ」
 

31,Dec,2000



ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2018 gosadon All rights reserved