ウォーレスの海の家

− もう一つの一周年 −



「おい、出かけるのか。客を置き去りにして」
「客だと、どこにいるんだい、あたしにゃあんたしか見えんがね」
「それでよく客商売がつとまるもんじゃて」
「客が来れば瞬く間に変貌するさ」
「猫をかぶるワケじゃな」
「毛布かぶっても仕方あるまい」
「さしずめ黒猫あたりが似合いそうじゃな」
「寄り合いだよ。フレーム版の開設一周年を明日に控えてるんでね」
「おや、今日じゃなかったのか」
「今日は28日だよ」
「どうやらここへ来るの、一日早すぎたみたいじゃの」
「毎日顔出してるくせに」
「んで、ナンカやらかすのか」
「多分、何もしないんじゃないかな。フレ−ム版は需要もないことだしな」
「そいつぁ、残念だな。となると明日はココで過ごすしかないようだな」
「明日もだろ」
「それにしても、一番の功労者であるワシにお呼びがかからないのはどうしてじゃ」
「みんなの配慮さ。今、あんたを人目に曝さない方がいいってね」
「それのどこが配慮なんじゃ」
「あんた、防災無線聞いてないのか」
「防災無線じゃと、毎日夕暮れ時に音痴の曲流すアレか」
「たまに、災害情報も流すんだよ」
「おぉ、そう言えば、何年か前に大きな地震があったとき、
夜中だってのに大きな音でなんか喚いてたな、ワシは地震よりその音で目が覚めちまったっけ」
「ああ、それだよ」
「でも、それが、ワシとなんの関係があるんじゃ」
「ホントに聞いたことないのか」
「ああ、でも、もし災害が襲ってきても、ワシの避難場所はココだからな。
ワザワザ聞く必要もあるまいて。で?」
「こんな具合さ。只今某じいさんが出没しました。ご老人特有の症状に悩まされておりますが、
危害を加えられる恐れがありますので、
アルコール、言葉尻、スキ、ネタなど見せないようにご注意下さい。云々。ってな具合さ」
「おおっ、ワシの知らん間に・・・」
「なに気にすることないさ」
「そんな凶暴な奴が徘徊するようになったのか、この辺も物騒になったな」
「まっ、あんたがココにいれば被害は最小限で済む、ってのが大方の見方さ」
「ははぁ、おまえさん、さり気なく店の安全性を宣伝しておるな」
「何事にも犠牲は付き物さ」
「確かにあんたは犠牲者面してるがの、ワシが居る限り心配することないぞ。
そんな輩がもし来おったら、このワシが諭してやろうぞ」
「おっと、もうこんな時間だ。わるいな勝手にやっててくれ」
「連れない奴じゃな。もし道中でそいつに出くわしたら、被ってるネコ取ってみせるといいぞ、
突然あんたの頭見りゃ、みんな目が眩むじゃろうからな。その隙に逃げるんじゃぞ」
「でも、道中じゃ絶対遭わないよ。そんな気がするのさ」
「その自信が危機を招くもんじゃぞ」
「ありがとよ。今日はヤケにやさしいな」
「年とるとな、あまねく命に対してやさしくなるもんじゃて」
「店主が居ないからって、店飲み尽くすなよ。じゃあな」
「あいつめワシを置いてホントに行きおった。はてさて、ココで一句。
 白タマネギの鼻に染み入る冬の夜は酒は静に飲むべきか
 ウムウム、答えて一句
 一人酒落とすに落とせぬこのつらさ」
「はぁ、仕方ない、ワシも男じゃて。おい、ウォーレス。まてよ。
物騒な世の中じゃ、ワシが道中のボーディーガードしてやろうぞ」
「何、遠慮することはないて。ワシが付いてりゃ件の老人も、
恐れをなして寄ってくることもあるまいて」
「おまえさん、良い友達を持ったのぉ」



28,Feb,2001


 

ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2018 gosadon All rights reserved