ウォーレスの海の家

− 依頼!? −




 
「しかし、まぁ、なんだ。今年に入ってからのドタバタも、
ようやく落ち着いたみたいじゃの」
「入り口模様替えして、掲示板統合して、雑感始めて、
テキスト版引っ越しして、また、テキスト版引っ越しして、
ジャングルの一周年に、テキスト版の廃止か」
「平均すれば、月に一度は空騒ぎしとるようじゃの」
「おい、おい。そんな事まで平均するなよ」
「じゃがの、おかげで今年は中身の方が、サッパリじゃのう、
ワシなんか、スッカリ出番がへ減っちまって」
「そんな事無いだろ。酒場の方で一人で暴れてるじゃないか」
「あそこの酒場は、店主が冷たいんでな。
つい、ボヤキたくなるんじゃて」
「店主が・・・」
「まっ、ワシぐらいの人物になるとじゃ、
そのへんは、わからんでもないがの」
「冷たい・・・」
「なにより、客が来ないと言う明白な事実がの」
 
「まぁ、何事においても、原因はあるもんじゃて」
「多分、その原因を知らないのは、あんただけだと」
「ワシだけじゃと・・・。やはり、そう言うことかの」
「まさかとは、思っていたけど、やっと気が付いたか」
「なんと、すべてはワシにかかっておったんじゃと」
「ほかに誰のせいだと」
「はぁ、今にして、ようやく目が覚めたきがするぞ」
「そうか、できれば初めて会ったときに、
すでに気が付いていて欲しかったんだけどな」
「おおっ、皆まで言うでない。目覚めたワシの、ワシの・・・」
 
「おい、じいさん、じいさん」
「ああっ、友よ、友よ。皆まで言うではないぞ」
「どっ、どうした、大丈夫か・・・」
「今までの経緯。しかとわかった。
あんたを救えるのはワシ以外には居らぬという事も・・・」
「おい、じいさん・・・」
「じゃがの、これだけはわかってくれ、
ワシは今、重大な任を負っているのじゃ」
 
「あんた一個人の存亡に関与する事も、確かに重要じゃがの、
ワシは今、ココ、この世界、即ち『 遮莫 〜 さばれ 〜 』の・・・」
「ちょっと、待った。あっ、あんたもしや、また・・・」
「三周年記念作品をばじゃ・・・」
「あっ、ああああ・・・」
「おい、何処へ行くんじゃ、まだ話は・・・」
 
「なんじゃぁ。ヤツは、相も変わらず突然消え去りおって・・・」
「そんなんじゃ、三周年記念作品の依頼が来た時の交渉役には・・・」
「しかたない、留守中に何かあったら事だしの・・・」
「たまには、代償無しの奉仕もせねばなるまいかの・・・」
「・・・んで、そう言えば・・・
あのボトルはどこに隠されてたんじゃっけかの」

 
 
 
31,Jul,2002


 

ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2018 gosadon All rights reserved