ウォーレスの海の家

− 緊急避難!? −




 
「おっ、おい。どうしたんだ。大丈夫かじいさん」
「 ・・・ 」
「えっ、なんだって。聞こえないぞ・・・」
「 ・・・ 」
「顔色がかなり悪いようだが」
「とっ、とりあえず水を・・・」
「水か、わかった。待ってろ」
「ううっ、それとビールも・・・。早く」
「ああっ、ビールもだと・・・」
 
「いやぁ、すまなかったの。どうやら落ち着いたみたいじゃて」
「もういいのか、あんまりおどかさないでくれよ」
「すまんが、もう一杯」
「一体どうしたんだ。ほら」
「おいおい、ワシが頼んだのは水じゃなくて・・・」
「ついさっきまで、死にそうだった人間にビールはやれんよ」
「わしのこたぁ〜、わしが一番心得とる。早よせんか」
「とにかく、何があったかくらい、聞かないとな」
 
「ここ二三日涼しくなったと思ってたら。この暑さじゃ」
「毎年、秋の始まりはこんなもんさ」
「たまには、おてんとさんに顔を見せとかんと。
忘れられるとやっかいじゃでな」
「珍しく、殊勝な考えを・・・」
「そうしたらじゃ、暑さに当たって・・・」
「見事返り討ちにあったってことか」
「突然、足がガクガクして、体中が暑くなり、頭はクラクラ、胃はムカムカ。
そのうち、目の前が暗くなってきての」
「年寄りにはこの陽射しはキツイからな」
「偶然、この前を通りかかったからの、
取り敢えず緊急避難をしたワケじゃて」
「偶然ねぇ・・・」
「いずれにせよ、今のわしは、強度の脱水症状じゃ。だから、ビールを」
 
「わかってるのか、じいさん。
脱水状態にアルコ−ルなんて自殺行為だぞ」
「おまえさん、客の頼みを断る気かの」
「だから、金を払って初めて客と呼ばれるんだよ」
「なんと、ここじゃ、モノも出さずに金を取る・・・」
「おいっ、じいさん、大丈夫か・・・」
 
「うっ、酒臭い」
「・・・おお、どうしたことじゃ。おまえさんが早く出すモン出んから、
熱中症の、脱水状態がぶり返したようじゃて・・・」
「あぁあっ、はいはいっ。
じいさんの場合はとっとと帰って、寝て起きれば、すぐに治るよ」
「なんだと、さっきまでとは打って変わって、この態度か」
 
「良い事教えてやるよ。じいさんの場合は熱中症の、
脱水状態じゃなくてだな、単なる二日酔いだよ」
「なんじゃとぉ。じゃぁ、このクラクラ、ズキズキ、ムカムカは一体」
「だからさ、それが典型的な二日酔いの症状だって」
「しかし・・・、思い当たるフシが・・・。ないぞ」
 
「おい、おい。記憶なくすまで飲んだんかい」
「確か昨日は。夜空があまりにもキレイじゃった、もんでなぁ〜」
「まぁ、この時期になると夜は幾分か涼しくなるしな」
「で、チト散歩なぞをと・・・」
「う〜む。そしたら月を見つけたんじゃよ。
やっこさん半分に欠けておったわい」
 
「そう言えば、今度の満月は、中秋の名月か・・・」
「そうじゃ、そうじゃ。それでじゃ、
お月見の予行演習をしておくのも良かろうと」
「なんか、いつものパターンになってきた気がするよ」
「ああ、思い出してきたぞ。で、盛り上がってきた所でじゃ」
「盛り上がるって、ひとりだったんだろ」
「何を言うか。ちゃんと、蚊が相手してくれてたぞ」
「ううっ、それで・・・」
「なんと、これからと言う時にじゃ。おてんとさんが、顔出しよっての・・・」
 
「それで、しかたなく涼を求め、ココへ・・・」
「なるほどね、二日酔いと言うよりは、単なる飲み過ぎか・・・」
「でじゃ、ココへ来る途中炎天下を歩いていたら、
日射病に、熱中症に・・・」
「あくまでも、そう言い張るつもりかい」
「もし、おまえさんが迎え酒のひとつも、奢ってくれるというのならばじゃ、
飲み過ぎと言う事にしてやっても良いぞ」
 
「はいよっ」
「おおっ、カクテルか、気前が良いのぉ」
「お望みなら、飾りでも付けようか」
「いらん、いらん。液体だけで十分じゃて・・・」
「ぶふぉっ、なんじゃこりゃ〜」
「だから、飲み過ぎの薬だって」
 
「だいたい、まだ日の高いうちからココに来るなんて、
非常識とは思わないのかい」
「ぬおっ。開いてたから、来たんじゃろうが」
 
「今年は、久しぶりに月見でもするか」
「おおっ、それは良いのぉ。じゃが、蚊だけは呼ばんといてくれ」
「蚊・・・」
「ヤツらと来たら、耳元で囁くばかりで、
こっちの話をちっとも聞かんで・・・」
「やっぱり、月見はやめようかな」
「おまけに、ヤツらの言葉と来たら・・・。
わしにはサッパリわからんかったぞ」
「それにしても、なんでこんな早くに店開けちゃったんだろう」
「ああんっ、何か言ったか。
でも、考えてみればヤツら、おまえさんと気が合いそうじゃの」
「・・・」
「でも、あれほど喋り続けると言う事は、
さぞかし言いたい事があったんじゃろうて」
「選挙演説だって、ああ淀みなくはいかんぞ」
「おまけに、原稿を見てた気配もないしの」
「ただ、あの声の大きさじゃ、よほどしっかりしたP.A.を使わんとな」
「ところで、そろそろ、ビールの時間じゃ・・・」
「おい、ウォーレス。はて、ヤッコさんどこへ消えたんじゃ・・・」
「まったく、いつも急に消えて・・・。
「ントに、忙しないヤツじゃの・・・。
「しかたない、戻ってくるまで、店番でもしといてやるか・・・」
「まっ、その前に、ちょいと喉を潤してと・・・」

 
 
 
31,Aug,2002


 

ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2018 gosadon All rights reserved