ウォーレスの海の家

− パーティーの後 −




 
「しかし、パーティーの後は、なぜだかね・・・」
「わしは、最近じゃ、パーティーの良し悪しは、
 幸福感の持続力で、判断することにしてるんじゃが」
 
「すると、今日のは・・・」
「ただ、残念なことに、醒める前に、次のが入ってきてのぉ」
「要するに、ただ酒の量ってことか・・・」
「義理と義務の占める割合かと、思い始めているんじゃがの。
 いかんせん、場数が足りなくてな」
「なんか、寒気がしてきたな・・・」
「おおっ、寒気に一番の薬があるところを知ってるぞ」
「いいよ、もう知ってるから」
 
「知ってると言えば・・・」
「いいや、私は、もう何も知らないよ」
「そうか、そうじゃの・・・」
 
「わかったよ、何を聞きたかったんだ」
「なに、大したことじゃないんじゃが」
「ああっ、そうか、さっきのパーティーは、
 お義理だから、なにも気にすること無いよ・・・」
「いや、わしが知りたいのは、そうじゃなくて、
 おまえさんの知ってる、一番の薬のありかじゃよ」
 
「ところで、こんな提案はどうだろう」
「んんっ」
「一番の薬より、常備薬の方が、
 あんたにはありがたいんじゃないかなと」
「まったくな、その一言を聞き出す為に、
 こんなに手間がかかるとはの」

 
 
 
1,Jun,2003


 

ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2018 gosadon All rights reserved