ウォーレスの海の家

− 今日一番の名案 −




 
「なにを、イライラしてるんだ」
「今日の月ときたら、わしをつけ回しよってからに・・・」
「聞くだけバカだったか」
「信じられるか? 何処へ行くにもじゃぞ」
「その内に、飽きて何処かへ行くよ」
「なら良いんじゃが・・・」
「とっとと、忘れることだね」
「この年になるとな、忘れるにも、助けが必要になってくるんじゃて」
「そんなもんかね。それなら、頭のひとつも、殴ってやろうか」
「若いのぉ・・・
ワシが言ってるのはじゃな、直接的な物理的な・・・」
「そうならそうと、早く言ってくれれば、いいのに」
「それを察するのが、おまえさんの仕事じゃろうが」
「横の窓の隅を見てみるんだな」
「窓じゃと、オレンジの花しか見えんぞ」
「忘れ草だよ、その花をみると、何もかも忘れられるそうだよ」
 
「それにしても、今年は何かと慌ただしかったの」
「今年はって、まだ、四分の一も残ってるよ」
「思っても見なかった、移転騒ぎじゃて。
まぁ慌ただしくなるのも無理からぬことじゃったが・・・」
「あんたが、酔っぱらわなかったら、もっと、遥に、すんなりと・・・」
「まるで、わしが妨害工作でもしたような良い草じゃの」
「よりによって、引っ越し当日に、あんなに大酒を・・・」
「何を言ってるんじゃ。わしはの、おまえさんの荷物を少しでも、
少なく軽くしてやろうと、必死で、努力してだったんじゃぞ」
「おかげでこっちは、じいさんって言うお荷物まで、
背負い込まされるハメに」
 
「しかしなぁ〜。
あれだけ酒瓶貯め込んでどうしようって、いうんじゃ」
「あのねぇ・・・」
「実は、わしに、良い考えがあるんじゃが」
「遠慮しとくよ」
「まだ何も、言っておらんぞ」
「聞かなくても、想像が付くよ」
「ふん。欲のない奴じゃの。
大もうけの、機会をみすみす逃すとはの」
「どうせ、ろくなことじゃないだろ」
「まっ、とにかく聞いて見るもんじゃて」
「勝手にどうぞ」
「勝手にどうぞじゃと。
おまえさんは、客であるこのわしを、台所に・・・」
「だからその勝手じゃなくて、ご自由にって。。。
ああ。なんか、いつもの展開になってきたような気がするよ」
「なにワケの判らんことを、いっておるんじゃ」
「ワケを判らなくしてるのは、そっちだろ」
「さては、おまえさん、酔っぱらってるな」
 
「で、何をどうしたいんだ」
「おおっ、やっと聞く気になったか」
「で?」
「そうじゃったの。
引っ越しの時に、ふと思いついたんじゃがの。
じつはな、おまえさんが、ごっそりと貯め込んでいる酒瓶」
「酒瓶が何か」
「あれを、ココで売り出したらどうじゃ」
「ココで酒を売れって言うのか」
「どうじゃ、なかなかの妙案じゃろ」
「何を言ってるんだ、ココを何処だと・・・」
「ここか、まっ、教会には見えんがの」
「いいかい、ここは、ちゃんと営業許可も貰っている、りっぱな酒場だよ」
「ここが酒場じゃと、ふん、客のいない酒場なんて、あるもんかね」
「だれのせいで、こうなったか・・・」
「って、ことはじゃ。ここに来れば、酒が飲めると」
「いつも飲んでるだろ」
「そうか、せっかくの思いつきじゃったが、
そう言う仕組みになっていたとはの」
「たまには、精算してみるってのも、どうだい」
「そうか、そうじゃったか・・・」
「おいおい、大丈夫か」
「こいつぁ、いっぺん頭を冷やさんとな」
「それは、今日一番の名案だよ」
 
「ああっ、待てよ。出て行く前に、お勘定・・・」

 
 
 
30,Sep,2003


 

ウォーレスの酒場 営業中ウォーレスの海の家
『 ごさどん.ねっと 』
gosadon's tweets
Copyright ©1999-2017 gosadon All rights reserved