もみじ



「赤いね」
「うん」
 
「黄色いね」
「うん」
 
「いつから」
「こないだ。ほら、急に冷えたとき」
「痛かった?」
「ううん、かゆかった」
 
「いつから」
「こないだ。ほら、強い風んとき」
「緑飛ばされちゃったんだ」
「ヒューってね」
「どこいったんだろう、僕たちの緑」
 
 
「最初は夕焼けで赤いのかと思った」
「最初は月明かりで黄色いのかと思った」
 
 
「風出てきたね」
「うん」
 
「冷たい風、やだな」
「うん。でも、強い風の方がもっといやだ」
「飛ばされちゃうかも」
「空高く飛ばされたら、星になれるかな」
「川に落ちたら、海に流されてそこで海星ヒトデになるんだって」
「ふーん、海の中にも星ってあったんだ」
 
 
「なんか、近くに変なのが、沢山ぶら下ってるんだけど」
「あれは、種だって」
「種」
「僕たちの仲間みたいだよ」
「何であんな格好してるの」
「あの羽みたいなので風に乗って、くるくる回って、遠くまで飛んでくんだって」
「飛ぶとこ見れるかな」
「一緒に飛べるかも」
 
「物知りだね」
「近くにある木にいる緑の葉っぱが、いろいろと教えてくれるから」
「じゃあ、緑の葉っぱが物知りなんだ」
「うん、緑の葉っぱは落ちないんだって。色も変わらないし」
「僕たちと違うの?」
「そうみたい。僕たちが生まれるずっと前からここにいて」
「ここにいて」
「僕たちがいなくなっても、ずっといるんだ」
「長生きなんだ」
「うらやましい?」
「うらやましいのかなぁ」
 
「少なくなったね」
「ほとんど飛んでっちゃったね」
「中には、そのまま落ちちゃったのもいるけど」
 
「僕たちがいなくなっても」
「もうじきかな」
「うん。今しがみついてるこの木は残って、またいつか葉っぱが出るんだって」
「ひょっとしてその葉っぱも、赤くなったり黄色くなったりするのかな」
「同じことの繰り返しだって」
「じゃあ、また僕たちが出て来たりして」
「そうなれば、楽しいね」
 
 
「それにしても、この木はしゃべらないのかな」
「年寄りだから、もうしゃべる元気は残ってないみたい」
「そうか、でも僕たちの話は聞こえてるよね」
「どうして」
「お礼ぐらい言っといた方が、良いんじゃないかと思ったんだけど」
「ついでに、この次の事も頼んどこうか」
「この次の事?」
「また僕たちをこの木につけてくれるようにって」
 
「覚えてるかな」
「何を?」
「またこの木についたとき」
「ついたとき?」
「自分のこと、星になること」
「覚えてるかな」
 
「ふと思ったんだけど」
「これが初めてじゃないかも」
「先に言われちゃった」
「でも、前の時のこと覚えてないね」
「じゃあ、初めてなのかな」
 
 
「空、ものすごく高いね」
「ものすごく青いね」
「雲、真っ白」
「雲、あんなにやせちゃって」
「何か、吸い込まれそう」
 
「川が、キラキラ」
「水、けっこう流れてるね」
「ホントに、海につながってるのかな」
「海、見たことないね」
「あっちの、空が地面にくっつきそうな所」
「えっ、あの空ものすごくキラキラしてる」
「あれが海だって」
「雲が、すごい勢いで出来たり消えたり」
「あれは、雲じゃなくって波なんだって」
「忙しそうだけど、おもしろそう」
 
 
「今日は鳥あまり見ないね」
「風が強いからね」
「お日様暖かくて気持ちいい」
「うん、ポッカポッカ」
「雲があんなに伸ばされてく、あっ、ちぎれちゃった」
「ホントだ、ちぎれた方、もう消えちゃったね」
 
「ねえ、川を見て、仲間が流されてくよ。海で星になるんだね。ねえったら」
 
「あれっ」
 
 
 秋は、流れゆく雲のように駆け抜け。
 容赦なく、すべての色を洗っていく。
 青はより青く、白はより白く。
 すべての色は、透明な光の前におのが姿をさらけ出す。
 空気さえも洗われる、そんな日。
 
 冬はもうそこに。
 

 
 

 
 
gosadon's tweetsCopyright ©1999 gosadon All rights reserved

垂拱譚 −すいきょうたん−
『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©1999-2017 gosadon All rights reserved