一周年記念三夜連続企画 ( 推定 )

『 無欲以観其妙 第一夜


まっ、ココの一周年記念の企画の一環として
禁断の話題にでも触れましょうか・・・
って、そうまでも、大袈裟に言う事無いんだけどね・・・
でも、個人的には・・・

実は、ウチ目の前に川が流れてるんです。
窓開けると、すぐそこに、2メートルほどの道を隔てて。
小魚の泳ぐ姿もちらほらと・・・
その川には、カモ、セキレイ、ヒヨドリ、オナガ等・・・
結構、鳥が集まってきてね・・・
もう、日の出、三時間前には鳥の声でうるさくて・・・
川沿いには、桜並木、春は花びらで埋め尽くされて・・・
夏は、絶え間なく、様々な羽虫と悪臭を運び続け、
東西に流れるその川は、春分秋分の頃はとくに朝日夕日を反射して・・・

近くには、その川に流れ込む大きな土管の開口部があって・・・
最近使われなくなったそこには、コウモリが住んでいて。
夕暮れには、二、三十匹のコウモリが群れ飛んで・・・
夏場は、毎夜のように、コウモリとトンボの追かけっこが・・・

もちろん、この川からも。いくつものネタを、貰ってます。はい。

がっ、んががががっ。しかぁ〜し。
なぜ、今までこれに触れなかったかというと。
んで、なぜ、今これに触れるかというと・・・

理由は三つ、大きな理由と、中位の理由と、小さな理由。
小さな理由から言うと。。。
これが、あまりにも日常とかして、ネタにするは・・・
はははっ。まっ、ねぇ〜。そりゃそうだよねぇ!?

んで、大きな理由は、と言うと・・・
果たしてこれは川といえるのだろうかと・・・


                      ・・・なワケで、明日につづく !?

… 2003. 3.18.



『 無欲以観其妙 第二夜


幅10メートルもないその川は・・・
一級河川と名乗っているその川は・・・
200メートルほど先で地下に潜るその川は・・・
護岸を垂直に3メートルほど人工物で仕切られ、固められ・・・
もちろん、川底もコンクリートで・・・
もはや、側溝の化け物としかいいようもなく・・・

誰が投げ捨てたか、コンビニ袋に一杯詰まったゴミの横で、
誰が投げ捨てたか、錆びてなお、空を仰ぐ自転車の横で、
水面に首をつっこんで、餌を漁る、鴨たちの光景も、
今ではスッカリとおなじみに。

年に、一度、早朝から凄まじい音と地響きが、外から。
ぬぉ〜。「 なにごとぞおこりけむ 」
なんて、窓開けると、ブルトーザーが・・・
どっから入ったか、どっから入れたか知らないけど・・・
ブルトーザーが、川底を、ごっそりと、
ごっそりと掃除して・・・
果たして、これは川と呼べるのだろうかと・・・

まっ、それ以上に、判らないのが・・・
こんな、巨大側溝でも、飽くことなく、野生が寄り付いてくること。
う〜む。やっぱ、栄養過多、富栄養化なのかなぁ〜?

窓を開けるたびに、思い知らされてねぇ〜。
野生は、自然は、かような人造物に適応できるのに、
何如して、自分は・・・
なんてね・・・
あいやぁ〜。ひょっとして、これが噂の、
自己本位現代人のワガママかぁ〜
なんてね・・・


               ・・・あいやぁ〜、明日で終われるのかぁ〜!?

… 2003. 3.19.



『 無欲以観其妙 第三夜


ところが、ところが・・・
この川は、普段の水深は、
10cm、20cmあるかないかなんだけど・・・
その川が、地下に潜る直前には、
地下水量調整池が設置されてはいるんだけど・・・

台風が来ると、大雨が降ると。
土地柄、剥き出し地面は皆無で、
地面という地面は、アスファルト、コンクリートで覆われていて、
浸水性云々以前に、撥水性完璧だから、
水達は、みんな、ここに集い戯れるわけだ・・・
一気に、水深3mを越えてねぇ〜

  う〜む。コウモリさんちは、そのたびに壊滅するけど・・・
  なぜか、二、三年すると、元通りに復活してるんだよね。

この度、川幅を広げることになって・・・
川を隔てた、向かいの家が・・・
立て続けに、取り壊されて・・・

・・・たしか、ここに越して来たとき。
向かいは、野原の駐車場。
窓を開ければ、50m程視界を遮る物はなくて。。。
それがいつしか、家が建って。。。
視界は遮られ。。。

んで、また取り壊されたわけだけど。。。
んで、十年前の景観が戻った気はするけれど。。。
でも、でも! でも!!


                      ・・・やっぱり、終わらなかったぁ。。。

… 2003. 3.20.



『 無欲以観其妙 終夜



無欲以観其妙  〜老子

無は以 もっ て其の妙を観めさんと欲し
なのか・・・
無欲を以もって其の妙を観
なのか・・・

まっ、いずれにせよ、いずれにせよ。
いすれにせよだすぅ〜

って、なんのこっちゃ・・・
と言いつつも、と言いつつも、
と言いつつも、だすぅ〜
はははははっ、ちょっと、しつこかったか・・・


しつこい、ついでにもう一つ。

道可道、非常道  〜老子

道の道とすべきは、常の道にあらず。
変わり続けるから、動き続けるから。
変化し続けるから。
なにごとも、動き続けるから、変化し続けるから、
こうしてネタになるんだと。
まっ、like a rolling stones ってことかな・・・

おおっ、無理矢理、この項終わらせようと・・・?
・・・う〜む。

「 さもあらばあれ 」、略して「 さばれ 」ってかぁ〜


                      ・・・んで、宙ぶらりんのまま、終結と。

… 2003. 3.21.










トップページへ
gosadon's tweets
Copyright ©2002-2018 gosadon All rights reserved