「 いつもどこかはいい天気 」
gosadon's tweets 2018. 4.


あと半歩・・・

引き続いての
文句無しの
雲ひとつ無い晴れ
ただ
昨日と違うのは
その日射しの強烈さ

なんと
最高気温は 29.9 ℃
う〜む
あと一息で
四月にしての
まさかまさかの
驚異の真夏日到来
だったのかぁ〜

そりゃぁ〜
暑さに対しての
耐性の無いこの時季
この状況下じゃ
ネタ探しどころでは無いのも
致し方ないよなぁ〜
うんうんうん

うんうんうん
うんうんうん
どえっへっへっ・・・
ふぅ〜
- 2018. 4.23. -


ツバメ・カキツバタ

晴れ
文句なしの晴れ
ぐるっと見渡す限り
一片の雲も見付けられず
そんなこんなで
気温は上がって
再びの汗だらだらの
二十七度超えと

キアゲハ
カラスアゲハ
大型の蝶が舞い踊り
いつの間にやら
カキツバタが咲き始め
ハンゲショウは膝程の丈に

ふと気が付けば
地面を滑る鳥の影
その影を追って
上を見れば
懐かしのツバメの姿

やっと
出会えたかぁ〜
う〜む。。。
この街を
見捨てずにいてくれたことに
感謝しないとなぁ〜

・・・って
なんのこっちゃ
ぶわっはっはっ!!
- 2018. 4.22. -


ネタは無くとも・・・

予報では
雨の一日
そんなこんなで
ずっとの雨を
覚悟していたけど
雨は午前中に上がって・・・

雨で
洗われた空気は
透明度が
視界深度が
かなり上がって
緑のコントラストが
際立つように

ただ
雲が多くて
青空は
ほとんど見えず
日射しも
忘れた頃に
ほんの一瞬
こぼれるだけと。。。

特に
目新しい動きは
目を惹く動きは
見付から無かったけど
澄んだ空気に
存分に浸って
気分爽快大満足と

ぶわっはっはっ!!
- 2018. 4.16. -


う〜ん・・・

曇り
気温は
季節相応
風は未だ
吹き止まず

そんな中
いつものように
路上の人と
宴会組は
激減したものの
絶える事無く

気が付けば
オナガガモは
見当たらず
キンクロハジロも
かなり減って

う〜ん
こんな
天候続きだからかな?
今年は季節の
変動が混濁感が
激しいなぁ〜

目の前の情報を
咀嚼する間も無く
新たな情報が
飛び込んできて。。。

まっ
たまになら
希になら
こんな世界も
大歓迎だったりするけど・・・
- 2018. 4.15. -


ミズヒキ

晴れ
もっとも
気温は
再び
ぐっと下がって
まっ
宴会は
変わらず
続いているけど

いつの間にやら
ミズヒキが
15p 程に
咲き始めるまで
あと
二ヶ月程かなぁ〜

それにしても
最近の
気温の乱高下
一気に
緑が大増殖して
視界が
視界深度が
極端に低下して。。。

緩やかな
変化ならねぇ〜
目が気持ちが
徐々に徐々に
慣らされていくけど

こうも
いきなりだと
さすがに
さすがに・・・

・・・だよなぁ〜
う〜む
- 2018. 4. 9. -


フジ・ゲンゲ

引き続いての
強風吹き荒れる今日
地面を見れば
あちらこちらに
僅か1p 程の
小さな松ぼっくりが
山程
転がっていて。。。

大分
数は減ったとはいえ
宴会組も
変わらずの
盛り上がりで

それにしても
強風で
時折舞い上がる
砂煙の中
自由を謳歌する
花粉君達の中
みんな元気だなぁ〜

フジ・ドウダンツツジが
ゲンゲ・クサノオウ
咲き始め
ハナミズキが開き始め
ムラサキケマンは満開に

一方
ツバメの姿は
依然
見付からず・・・
う〜ん
- 2018. 4. 8. -


狂乱の日は・・・

狂乱の日は
依然続いて
広がった
ブルーシートは
通路までに及び
通行を妨げる程

毎度の事ながら
とはいえ
その
凄まじさには
若干の
イライラ感すら・・・

こうなることは
重々承知の上にしても
なぜ
この騒ぎに
惹き憑かれるのか
取り憑かれてしまうのか
う〜ん
謎だよなぁ〜

まっ
年に一度の事だしねぇ〜
ネタを捨て置いてでも
この光景を
眺める理由は
浸る楽しさは
十分に有るよなぁ〜
- 2018. 4. 2. -


花吹雪

三月最終日
快晴
雲は見当たらず
気温もそこそこ

いつの間にやら
ヤマブキ
シャクナゲ
シャガが満開に

桜は
かなり
散り始めてるものの
公園は
人で溢れかえって
通路以外は
地面が見えない程

それにしても
花吹雪越しに見る
満月は
最高だなぁ〜
ぶわっはっはっ!!
- 2018. 4. 1. -











トップページへ
Copyright ©2002-2018 gosadon All rights reserved