嵐の夜にふと


  
  
 
覆い被さる厚雲が
街の灯りを映して
鈍色 にびいろ に映える今
 
傘の庇護の下 もと では
それを楽しむ余裕もなく
 
折からの風に煽られ
上というよりは
横から訪れる雨粒達には
この傘も意味をなさず
 
風に追われ
雨に遮られ
行き場を失う
傘の下 した
 
身は濡れる一方
心は一向に潤う事無く
 
覆い被さる厚雲が
街の灯りを映して
鈍色に映える今
 
身は濡れる一方
心は一向に潤う事無く
 
風に追われ
雨に遮られ
行き場を失う
傘の下 した
 
折からの風に煽られ
上というよりは
横から訪れる雨粒達には
この傘も意味をなさず
 
傘の庇護の下 もと では
それを楽しむ余裕もなく
 
覆い被さる厚雲が
街の灯りを映して
鈍色に映える今
 
 
 
気付けばそこに
この状況を滑稽に思い
笑い始めている自分の姿
 
 
 
 
嵐の夜は
まだ続く

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
gosadon's tweetsCopyright ©2020 gosadon All rights reserved

『 …driftwood 』
『 hobo jungle 』『 ごさどん.ねっと 』
Copyright ©2001-2020 gosadon All rights reserved